ピーチ航空の格安航空券で国内旅行をたのしんできました!

快適性は合格点

ピーチ航空 | 国内線LCC

北海道の最北端へ快適性は合格点無駄なくスッキリ

自分は移動手段である飛行機にはそんなにこだわりがありません。
はっきり言えば安いのであればどこでもいいというのが正直なところです。
まず価格が最優先であって、後は少しでもシートが良ければいいというぐらいです。
出来ればシートを倒して眠れたらとも思わないことはありませんが、国内線程度ではそれも不要かなという気がしています。
実際に今回もフライト時間は一時間程度でしたから、ちょっと目をつむって眠るふりをしていたら着いてたというぐらいの感じです。
飛行機に乗る時はいつも緊張してるので、最初の頃は緊張して周りを見ていますが、それに慣れてくるとやることも無いので眠気がしてきて、寝ようかと寝始めると目的地に着くという感じです。
一時間というのは中途半端な時間だなという事は感じたりしました。
ピーチ航空のイメージはかなり良くなりました。
デザインが目立つという事はありますが、特に飛行機の外見でこだわる事は自分はありせん。

頑張れば3泊4日、5万円で行けます。

私の場合関空からピーチ航空の激安チケットで、ホテルは超狭いビジネスホテルに泊まりましたが。 pic.twitter.com/7k445NNtw4

— 51セレクション (@u3s5UWoVplWFn7f) 2017年7月6日
飛行機を見ている人などほとんどいないわけで、無人の空を飛んでいるわけですから、特に外見にこだわることはないでしょう。
ただ印象として残りやすいのでピーチ航空という名前は上手く付けたなという感じはあります。
乗り心地は揺れることも無く快適でした。
一時間程度ですから、それほど快適性を求める必要はないという気はしますが、それでも不快なものよりは快適な方がいいのは間違いありませんから、そうした意味では快適性については問題なしの合格点でした。